アクセスか成約数か?

こんにちは、行政書士の高です。
お世話になっている税理士さんから風邪に効く薬を教えてもらいました。
「橋本七度煎」という漢方薬です。
名古屋でよく飲まれている漢方薬だそうです。早速試してみます。
【アクセスか成約数か?】
ホームページを運営していて、「アクセスか成約率か?」という話がよくでます。
人によって考えは、違いますが、僕は、成約率が重要であると思っています。
アクセスがどれだけあっても、商品が売れなければ、運営している意味がないですからね。
これは、先日の記事「グーグルで1位です!」という記事と同じ理由です。
アクセス 1000 成約数 0 のサイト
アクセス 100  成約数 1 のサイト
どちらのサイトが売上に貢献しそうかといわれれば、後者の成約したことがあるサイトです。
売上は、
アクセス数×成約率×単価
となりますので、成約率が0であれば、アクセス数がどれだけあっても、売上は上がりません。
また、行政書士のような専門サービス業であれば、成約にたどりつくまでに、問い合わせという過程を経る場合がほとんどだと思いますので、問い合わせから成約となる率も重要になってきます。
この率を上げる方法がわかれば、あとはアクセスを増やすようにしていけばいいだけです!
常にトライ&エラーですが、今よりも売れるホームページにしていきたいと思います。

コメントを残す

  • (will not be published)