自主防犯の時代。

先日、防犯機器の開発・製造や防犯グッズを販売している会社にお伺いしたときに、これからは、「自主防犯の時代」ということをわかりやすくお話いただきました。

 

日本は安全と言われてきましたが、近年は犯罪が増加していますし、今は、不景気ですので余計に増えるかもしれません。

そんな時代ですので、自分を守るのは自分しかいないということです。

 

では、警備保障会社に頼んでおけば大丈夫かというと、そうでもないようです。

というのは、何かあった場合には駆けつけてくれても、犯人といあわせた場合でも捕まえることは基本的にせず、警察に通報するのみが業務となっているからです。

犯行をおこなおうとする人に対しては、一定の抑止力はあるのだと思いますが、何か起こった場合には、効果が薄い印象です。

そこで、自主防犯ということになるのですが、犯人が自宅や事務所に侵入してから対処していたのでは、自分の身が危険にさらされます。

ポイントとなるのは、侵入できないようなシステムにしておくことだということです。

 

盗みに入るときに、犯人が一番、嫌がるのは「音」だそうです。

音がすると、近所の方が気づいて、自分が捕まる可能性が高いからです。

 

異変が起きた時に音が出る仕組みにしておくことで、被害を防ぐことができる可能性が高くなります。

居間に家族全員が集まっていて、2階に侵入するというケースもあるそうですので、いつ被害にあうかわかりません。

 

自分の身は自分で守るー自主防犯が必要であることを感じました。

 

先日、お話を聞かせていただいた会社は、こちらの会社さんです。

   ↓

株式会社眞照(ホームセキュリティ・防犯グッズの販売)

 

狙われやすい家などの解説がありますので、ご興味のある方は、ご参考ください。

 

コメントを残す

  • (will not be published)