従業員を雇うタイミングは?

こんにちは、行政書士の高です。

行政書士の仕事は、その人しかできない仕事と他の人でもできる仕事の2種類があります。

その人しかできない仕事は、会社設立や許認可などの相談のような経験をともなうものです。また、他の人でもできる仕事は、請求書・領収書の発行や郵便物の送付など経験が必要なく事務的なものです。

1つ1つの仕事が売上に結びつく重要な仕事だと思いますが、自分以外でもできる仕事については、できるだけ他の方にお願いするほうが効率的です。

全てを自分でやろうとすると、どうしても勤務時間が長くなりますし、他の相談があってもすぐに動けない場合がでてきます。

対応が遅いのは、行政書士しては致命的です。

 

今のところは、なんとか大丈夫ですが、今後のことを考えると早めにパートナーを見つけて業務効率をあげたほうがよいと思い、募集を開始しました。

 

限界に達してから募集し始ると、しっかり教えることができないので、お互いによくないと思います。

 

従業員を雇うタイミングは固定費がかかりますので、判断が難しいですが、少し早いぐらいがいいのではないかもしれませんね。

コメントを残す

  • (will not be published)