野球と経営には共通点がある!

こんにちは、行政書士の高です。

昨日、TVで今年、パリーグ4位だった楽天の特集を見ました。

球団創立から2年続けて最下位だった球団がなぜ、今年は4位に食い込んだのか気になっていたんで、見入ってしまいました。

楽天の飛躍は、野村監督のチカラが大きいのですが、TVの中で、野村監督は、勝つチームになるために必要なこととして、

・考えること

・失敗を恐れないこと

この2つをあげていました。

野村監督は、チームをつくるには、まず、キャッチャーがしっかりしないといけない。逆にキャッチャーが育てば、目標の50%は、達成できるとのことです。

そのために、楽天では、若い選手を正捕手にすえ、プレーについて、自分で考えるような指導を行っていたそうです。

今年現役引退するヤクルトの古田選手が入団したときも、ヤクルトの監督は、野村監督で、古田選手を正捕手で起用していました。

そのおかげで、ヤクルトは、日本一になるまでに強くなりました。

 

同じようなことを今年の楽天でもやっていたということですね。

 

ただ、同じとといっても、誰でもできるわけではないので、「自分で考えさせる」チカラがある野村監督はすごいと思います。

 

TVを見ていて、感じたのは、野村監督の教えは、経営にも通じるということです。

 

マーケティングやビジネス書、営業本などビジネス関係のハウツウ本はたくさんあります。

1つの知識として吸収するのはよいのですが、それに偏りすぎてしまってはいけないと思います。

 

書籍にばかりたより過ぎてしまうと、自分で考えることをやめてしまうことがあるからです。

 

そうなると、書籍がないとどうしようもなくなります。

 

常に自分で考える

 

このことは、経営のうえで忘れてはいけないことではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

  • (will not be published)