戦略なき低価格

商品・サービスを売る上で、重要な要素の1つが、価格です。

価格は、原価と利益で構成されていますが、この不景気においては、そのまま積算しても他社との競合もあり、自社の望む価格で販売できるとは限りません。

 

行政書士の業界についてみてみると、物を販売するわけではないので、目に見えにくい価格となっています。

そこで、低価格で見込客にアプローチする事務所が出てくるのですが、広がりのないような業務で、利益度外視した低価格となっています。

 

将来的な戦略があれば別ですが、単純に目先の仕事を獲得するためだけの低価格であれば、仕事が増えて忙しいけど、利益はないという状態となってしまいます。

 

長期的な戦略のない低価格の競争にならないような経営をおこなっていきたいと思います。

 

先日、ご案内しました、名古屋スモールビジネススクール(NSB)では、このような悩みを解決するためのきっかけの1つとして、参加者の方の成功例・失敗例の意見交換をしながら学んでいこうという趣旨の勉強会です。

第1回目は、10/17(土)の17:00か17:30のスタートで伏見あたりでの開催となりそうです。

今回は、20人の定員で、定員となり次第締め切りますので、「参加したい!」という方は、下記までご連絡いただければと思います。

(件名は、「NSBの件」でお願いします。)

info@taka-office.com

 

 

 

コメントを残す

  • (will not be published)