会社設立したらすぐに税理士は必要か?

「会社を設立したらすぐに税理士と顧問契約を結ぶ必要があるか?」

という質問があれば、僕は、迷わずYESと答えます。

 

僕自身も、税理士さんにお願いしていて助かっているからです。

以前は、個人事業でしたので、確定申告すれば、問題なくすんでいきましたので、税理士さんにお願いすることはないと思っていましたが、法人にして、1期を終わってみて感じたことは、「税理士さんにお願いしていなかったらマズイことがおきていたかもしれない」ということです。

法人にすると、決算の手続きが複雑になるので、その部分は、もちろんなのですが、経理の仕方や源泉の支払、役員報酬の設定、年末調整など、やるべきことがたくさんあるからです。

まして、税金の支払は、遅れると延滞税がつくので、「忘れていた」では済みません。

 

また、経営に関することもその都度、相談ができます。

 

最終的な判断は自分でおこなうにせよ、こちらのことをよくわかっている税理士さんだと非常に心強いです。

月々の顧問料は、月々の作業プラス安心料ともいえます。

 

会社を設立した後の経費の中には、税理士顧問料を入れておくことをおすすめします。

 

コメントを残す

  • (will not be published)