いろいろな意見を出すためには?

こんにちは、行政書士の高です。

売上をあげるためには、お客様に自分の会社を知ってもらう必要があります。その方法は、ホームページやチラシ・口コミなどいろいろな方法があります。

その方法自体は、昔からあるものがほとんどですが、作り方によって反応が変わってきますので、コンセプトやコンテンツ、チラシであれば配布先が重要になってきます。

その重要な部分には、できるだけたくさんの意見が必要となってきます。

自分1人で考えているだけでは、自分の価値観の中でしか考えることができませんので、今まで見たこと・聞いたことの経験上でしか発想できない可能性が高いです。

そんなときによい方法・アイデアを出すために使いたい手法がブレーンストーミングです。

ご存知の方もいるかと思いますが、ブレーンストーミングとは、

「集団(小グループ)によるにアイデア発想法の1つで、会議の参加メンバー各自が自由奔放にアイデアを出し合い、互いの発想の異質さを利用して、連想を行うことによってさらに多数のアイデアを生み出そうという集団思考法・発想法のこと。」

です。

ルールとしては、「批判・否定はしない」「多くのアイデアを出す」「どんなアイデアでもよい」「他人の意見にプラスすることもOK」といったものがあります。

何かのアイデアを出すときには、いろいろな意見がほしいので、自由に行うことが必要となってきます。

ブレーンストーミングは、5人以上でおこなうと非常に面白い意見が出て、勉強になります。

 

ブレーンストーミングで出た意見をまとめ、実行に移していくことで、成果が期待できるかと思います。

 

「意見は、お金に換えられない」

とある経営者が言っていましたが、その通りだと思います。

 

ブレーンストーミングを活用すると、風通しのよい会社ができるかもしれませんね。

 

 

 

 

コメントを残す

  • (will not be published)