マイナスの言葉を発しない。

こんにちは、行政書士の高です。

自己啓発系の本を読むと、「プラス思考が大切」という記事をよく見かけます。

確かに、プラスの気持ちを持つことは非常に大切かと思います。

 

ただ、どんなときもプラス思考でというのは、気持ちに波がありますので、なかなか難しいと思います。

僕は、基本的に、プラス思考ですが、気持ちが沈んでいるときもあります。

特に問合せが少ないと感じてきたときは、特にそうなります。

そのようなときは、「マイナスの言葉を発しない・考えない」ようにしています。

上記の例でいえば、「問合せが少ない」という言葉です。この言葉を発すると、ドンドン追い込まれていくことがありますので、「問合せが今月は、○件。増やすにはどうしたらよいか?」というように考えるようにしています。

「事実+改善策」という感じです。

こうすると、マイナス要因が入る余地はありません。

 

ちょっとしたことですが、意識してみると、改善策が見えてきたりして意外と効果があったりします。

 

マイナスの言葉は、自分だけでなく、周りにも悪影響を与えますので、今後も気をつけたいと思います。

 

 

 

コメントを残す

  • (will not be published)