会社設立時に印鑑が必要です。

会社を設立する際には、会社の印鑑が必要になります。 定款は、個人印ですが、登記書類には、会社代表者印を押印する必要があります。

また、登記所に会社代表者印を登録しておく必要があります。

 

会社の印鑑の種類

会社の印鑑といっても色々あり、代表者印、角印、銀行印、割印などが有ります。

 

代表者印

会社の代表者が本店所在地の法務局に届け出た印鑑のことを代表者印といい、いわば会社の実印に当たる重要なものです。

会社設立登記の際に必要になり、法務局に登録します。 法務局ではその印鑑について印鑑証明書を発行してくれます。

代表者印は、一辺が10mm以上30mm以内の正方形に収まるサイズでなければなりません。18mmが一般的です。

銀行印 銀行で口座を開設するときなどに使用します。
角印 領収書・請求書などに押印するときに使用します。

 

 

会社印の書体


特に決まりは無いですが、会社名が解りやすい篆書体が一般的です。他に印相体・古印体も使います。

 

会社印の材質

「象牙」「水牛の角」「つげの木」が利用されます。これ以外にも羊の角、黒檀、合板、プラスチック、 チタンなどのいろいろな種類があります。

象牙が最高級ですが、つげの木・水牛の角でも十分だと思います。

 

会社の印鑑の価格

会社の印鑑の価格は、材質・大きさにもよりますが、1万~3万ぐらいのもので十分だと思います。

電話でのお問合せ・相談はこちらから(初回無料です)
052-528-1507
(受付時間:月〜土曜日の9時〜20時)

お電話いただくと「ありがとうございます、フレックス行政書士事務所です。」と出ますので、「NPO法人の設立を依頼したい」「NPO法人の設立について相談したい」などご用件をお願いします。

名古屋会社設立代行オフィス(フレックス行政書士事務所運営)
〒451-0016 愛知県名古屋市西区庄内通4-12 あさひビル4C
お客様専用安心ダイヤル
TEL:052-528-1507 
FAX:052-528-1508
受付時間:月〜土 9時〜20時(初回無料)
メールでのお問合せ:info@taka-office.com

※お電話いただく際にご注意ください。
  • お名前を必ずお願いします。
  • 書類の書き方についてのご相談はお受けしておりません。書類の書き方に関してご不明な場合は、左のリンクから提出先の役所へ確認をお願いします。
※行政書士には、お客様からお聞きしたことを誰にも漏らさない義務(守秘義務)が法律で定められていますのでご安心ください!