会社設立のメリット


信用力アップ

会社にすると、個人事業に比べて、お客さん・金融機関・友人・知り合いなどの周りの目がちがってきます。

例えば、私は、インターネットで欲しいものを見つけたとき、買うかどうかを決めるポイントの1つに、「会社としてやっているのか個人としてやっているのか」を見ます。

会社として商売をしているのなら、ある程度は、信用できるからです。

「愛知商店」という個人事業主の屋号よりは、「株式会社 愛知商店」のほうがイメージもよく信用できそうです。 また、広告や求人を出すときにも効果が違います。

会社にすると、設立するだけでまず、お金がかかりますし、会社の運営にもお金がかかります。また、会社の基本的な事項は、登記所で登記簿謄本を取得すれば、誰でもみることができます。 個人事業主よりも会社のほうが、事業主を客観的に判断しやすいということですね。

事業の継続がしやすい

会社にすると、事業を継続しやすくなります。

例えば、事業主に万が一のことがあった場合を考えてみます。 個人事業主の場合、事業主がなくなったことを金融機関が知ると、事業で使っていた口座を相続手続きが終わるまで凍結します。

手続きがスムーズに進まないと、仕入れやその他の支払いに支障が出てきます。 また、事業で使っている資産についても、相続人でわけることになりますので、資産が分散する可能性もあり、事業を継続していくことが難しくなります。

一方、会社組織の場合には、会社の口座は、会社のものですので、事業主に万が一のことがあっても、凍結されません。

そのほか、会社として使用している資産についても、手続きをしていれば、法人のものですので、相続問題によって、事業運営に支障をきたすことがないので安心です。

 

会社設立のデメリット

会社を設立するために費用がかかる

会社を設立するには、株式会社ですと、20~25万ぐらい、合同会社は、10万円と設立するだけで、お金がかかります。

個人事業主なら事業を始めるときに、「開業届」を税務署に提出するだけでよく、お金もかかりません。

 

赤字でも税金を払う必要がある

個人事業の場合は、所得が赤字になれば税金の負担はありませんが、会社の場合は、赤字でも、7万円の法人住民税を払わなければいけません。

会社をやめるときにも費用がかかる

個人事業主は、事業をやめようと思えば、廃業届を提出すればよいですが、会社にすると、解散・清算手続きが必要になり、手間と費用がかかります。

交際費は、90%までしか認められない

個人事業主ですと、交際費は、全額経費にできますが、会社にすると、90%までしか交際費として認められません。

※経費の額によります。 上記のように会社設立にもメリット・デメリットがあります。

 

ただ、個人事業主として、ある程度の実績と経験があり、これから、ドンドン売上を大きくしていきたい!という場合には、あまり、上記のデメリットは気にせず、会社を設立して事業展開をしていくほうがいいですね。

電話でのお問合せ・相談はこちらから(初回無料です)
052-528-1507
(受付時間:月〜土曜日の9時〜20時)

お電話いただくと「ありがとうございます、フレックス行政書士事務所です。」と出ますので、「NPO法人の設立を依頼したい」「NPO法人の設立について相談したい」などご用件をお願いします。

名古屋会社設立代行オフィス(フレックス行政書士事務所運営)
〒451-0016 愛知県名古屋市西区庄内通4-12 あさひビル4C
お客様専用安心ダイヤル
TEL:052-528-1507 
FAX:052-528-1508
受付時間:月〜土 9時〜20時(初回無料)
メールでのお問合せ:info@taka-office.com

※お電話いただく際にご注意ください。
  • お名前を必ずお願いします。
  • 書類の書き方についてのご相談はお受けしておりません。書類の書き方に関してご不明な場合は、左のリンクから提出先の役所へ確認をお願いします。
※行政書士には、お客様からお聞きしたことを誰にも漏らさない義務(守秘義務)が法律で定められていますのでご安心ください!