電子定款とは、ワード等で作成した定款に、電子署名を入れたものをいいます。

通常、会社設立時の定款を作成するときには、ワープロ等で作成し、印刷して公証役場にもっていき、公証人に認証という手続きをしてもらいますが、電子定款では、定款を電子文書にして認証を受けることになります。

電子定款のメリットは、

収入印紙4万円が不要になる!!

ということです。

紙での定款には4万円の印紙税がかかりますが、電子定款の場合、紙ではないので、印紙税4万円が不要になります。

 

ただ、電子定款を利用するには、システムを入れなければなりません。

このシステムに10万円弱必要となります。

一般の方が、電子定款のシステムを使う場面は多くないので、費用のほうがかさんでしまいます。 また、システムを導入に、2ヶ月弱かかりますますので、費用と期間から考えても、お勧めできません。

 

ただ、専門家の場合は、電子定款を入れても、十分モトが取れますので、会社設立を多く手がける専門家が電子定款システムに対応している場合が多くなってきました。

 

名古屋会社設立代行オフィスでも、電子定款に対応しておりますので、ご依頼いただければ、印紙代4万円は節約できます。 ご希望の方は、お電話か下記フォームからお問い合わせください。

電話でのお問合せ・相談はこちらから(初回無料です)
052-528-1507
(受付時間:月〜土曜日の9時〜20時)

お電話いただくと「ありがとうございます、フレックス行政書士事務所です。」と出ますので、「NPO法人の設立を依頼したい」「NPO法人の設立について相談したい」などご用件をお願いします。

名古屋会社設立代行オフィス(フレックス行政書士事務所運営)
〒451-0016 愛知県名古屋市西区庄内通4-12 あさひビル4C
お客様専用安心ダイヤル
TEL:052-528-1507 
FAX:052-528-1508
受付時間:月〜土 9時〜20時(初回無料)
メールでのお問合せ:info@taka-office.com

※お電話いただく際にご注意ください。
  • お名前を必ずお願いします。
  • 書類の書き方についてのご相談はお受けしておりません。書類の書き方に関してご不明な場合は、左のリンクから提出先の役所へ確認をお願いします。
※行政書士には、お客様からお聞きしたことを誰にも漏らさない義務(守秘義務)が法律で定められていますのでご安心ください!