会社の本拠地のことを本店といいます。主に仕事をするところのことです。
本拠地を決める注意点としては、できるだけ移転しないような場所にすることです。
本拠地を移転するときには、登記が必要になりますので、その都度お金がかかるからです。(登記所の管轄の中での移転は、3万円、管轄が違う場合は、6万円)
“できるだけ移転しない”ということですと、実家の住所を本拠地とすることもOKです。
ただ、この場合、他府県ですと、登記簿謄本を取得に手間がかかったり、納税のときに問題となる場合がありますのでご注意ください。
また、賃貸マンションの自宅を本拠地とすることもできます。ただ、自宅を本拠地とする場合には、大家さんに事前に了解を取っておく必要があります。
大家さんの了解を取っていないと、「法人での利用は認めていない」と言われたり、名義を会社にできず、自宅の家賃を経費にできなかったりします。

電話でのお問合せ・相談はこちらから(初回無料です)
052-528-1507
(受付時間:月〜土曜日の9時〜20時)

お電話いただくと「ありがとうございます、フレックス行政書士事務所です。」と出ますので、「NPO法人の設立を依頼したい」「NPO法人の設立について相談したい」などご用件をお願いします。

名古屋会社設立代行オフィス(フレックス行政書士事務所運営)
〒451-0016 愛知県名古屋市西区庄内通4-12 あさひビル4C
お客様専用安心ダイヤル
TEL:052-528-1507 
FAX:052-528-1508
受付時間:月〜土 9時〜20時(初回無料)
メールでのお問合せ:info@taka-office.com

※お電話いただく際にご注意ください。
  • お名前を必ずお願いします。
  • 書類の書き方についてのご相談はお受けしておりません。書類の書き方に関してご不明な場合は、左のリンクから提出先の役所へ確認をお願いします。
※行政書士には、お客様からお聞きしたことを誰にも漏らさない義務(守秘義務)が法律で定められていますのでご安心ください!