1株の金額とは、株式1株をいくらにするかということです。

1株の金額も自由に決めることができます。1株の金額を決めると発行する株式数も計算できます。

  
資本金=発行済株式数×1株の金額

たとえば、資本金を100万円、1株を2万円にすると、50株発行している会社となります。

一般的には、1株5万円とする場合が多いですが、1株の金額が高すぎると、会社の運営に支障が出る場合があります。

  
たとえば、資本金10万円で、1株5万円にすると、その会社は、2株発行している会社となります。株主が1人の場合は、これでも構いませんが、株主が2人の場合には、50%の1株ずつ持つことになります。この場合、たとえば、会社設立後に定款を変更したい場合に、2人の意見が食い違うと定款を変更できないという問題が起きます。(定款の変更は、株主総会で3分の2以上の賛成が必要です。)

 

極端な例でしたが、このような状況にならないようにするためには、主導権を握る方が3分の2以上の割合を持つことができるようにすれば大丈夫です。

具体的には、先ほどの例ですと、資本金が10万円ですので、1株を2万円にして、5株発行とし、会社経営の主導権を握る方が、4株持つ形にすればOKということです。単純に資本金を増やして、3分の2以上株式を持つことができるようにしてもOKですね。

電話でのお問合せ・相談はこちらから(初回無料です)
052-528-1507
(受付時間:月〜土曜日の9時〜20時)

お電話いただくと「ありがとうございます、フレックス行政書士事務所です。」と出ますので、「NPO法人の設立を依頼したい」「NPO法人の設立について相談したい」などご用件をお願いします。

名古屋会社設立代行オフィス(フレックス行政書士事務所運営)
〒451-0016 愛知県名古屋市西区庄内通4-12 あさひビル4C
お客様専用安心ダイヤル
TEL:052-528-1507 
FAX:052-528-1508
受付時間:月〜土 9時〜20時(初回無料)
メールでのお問合せ:info@taka-office.com

※お電話いただく際にご注意ください。
  • お名前を必ずお願いします。
  • 書類の書き方についてのご相談はお受けしておりません。書類の書き方に関してご不明な場合は、左のリンクから提出先の役所へ確認をお願いします。
※行政書士には、お客様からお聞きしたことを誰にも漏らさない義務(守秘義務)が法律で定められていますのでご安心ください!