HPの反応をあげるには?

ホームページからの反応をあげる方法は、いくつもありますが、ベーシックな方法としては、

・電話番号を大きく・見やすく・数箇所に掲載しておく

・代表者・担当者の写真を掲載する

という2つがあります。

 

電話番号を大きく書いておくことで、「どのような行動をしてほしいか」というメッセージを伝えることができますし、お客さんも電話番号を探す必要がありませんので、問合せがしやすいです。

大きく書く以外にも、数箇所さりげなく書いておくことも上記と同じ理由で非常に重要です。

 

もう1つは、写真を掲載することですが、写真の一番のポイントは笑顔です。

証明写真のような写真は、逆に掲載しないほうがよいかと思います。HPの文章の雰囲気と写真に違いがありすぎると、不信感をもち、受話器を置いてしまうかもしれません。

このようなことにならないためにも、笑顔で写っている写真が必要です。

 

この2点をおこなっても反応が変わらない場合には、

・商品・サービスに対する説明がわかりにくい

・問合せや購入する際の不安を解消していない

・アクセスそのものがない

などの原因が考えられますので、HPの大改造が必要かもしれません。

 

商品・サービスを販売しているHPで、反応が少ないとなげいている場合は、まずは、「電話番号と写真」の2点を見直してみるとよいかと思います。

 

 

 

コメントを残す

  • (will not be published)