よかった本は何回も読む。

こんにちは、行政書士の高です。

僕は、ビジネス書をよく買うのですが、よかった本は、2回以上読みます。

全部読む場合もありますが、部分的なところを読むほうが多いです。

なぜ1度読んだ本をもう1度読むかといいますと、読んだ時の状況が違うので、その状況に応じて感じ方が違いますので、新しい発想・発見があることが多いからです。

そのときには捉えられなかった本質がわかることもあります。

 

また、そういった違う発見があると自分が成長できているようでうれしいです。

 

よい本は、価格以上の価値を生み出します。

 

コメントを残す

  • (will not be published)