敵がいなくなった自民党。

民主党の小沢代表が辞任発表しました。

各マスコミの世論調査で、辞任を求める声が大きかったことが影響しているのだと思います。

 

おかげで自民党は、敵がいなくなってしまったため、困った状況となったと言われています。

 

何かのビジネス書にも、「敵をつくることは重要」と記載してあったのを思い出しましたが、敵を作り、その敵の不正疑惑により自民党の支持率が上がった面が多分にあったと思いますので、解散総選挙に勝つために、今後、自民党がどのような動きになるのか注目したいと思います。

 

 

コメントを残す

  • (will not be published)