足し算より掛け算!

こんにちは、行政書士の高です。

インターネットが発達して、ホームページを持っている企業が多くなりました。

行政書士の業界でも昨年よりは確実に何倍も増えています。その分、競争も激しいです。この傾向は今後も加速していくかと思います。

今まで、ホームページだけで売上があがっていたとしても、同じようにやっていただのでは先細りです。そう感じているからこそ、弊社は、HPを1つだけではなく、複数、業務ごとに作っています。これは、行政書士法人フレックスというホームページがあっても、訪問していただきいた方が見にくいだけですし、行政書士側からも伝えたいことを1つのHPに収めることはできないからです。

HPも1つではなく、複数もつことによって、お客様により伝わるHPができますし、HPが増える分、売上も増えます。

しかしもっというと、どうせ作るならもっと効果をあげるために、様々な方法でアクセスを呼び込むことで、足し算が掛け算になっていくと思います。例えば、お客様が検索しそうなキーワードをHPに配置できる数は限られていますので、カバーできないキーワードについては、PPCを使うことによって、よりアクセスを呼び込むことができるようになります。

また、HPなどのネット以外の媒体を使うことによって、より加速していくかと思います。

 

どの業界も競争があるかと思いますが、生き残っていくためには、足し算より掛け算で経営ができるようにしていかないといけないのではないかと感じています。

コメントを残す

  • (will not be published)