出し切る!

こんにちは、行政書士の高です。

先日、ティアの冨安社長にお会いしたときに、

「仕事は手を抜いてはいけない。常に出し切らないといけない。そうすれば、誰かが見ていてくれる。」

とおっしゃっていました。

ティアをつくる前のサラリーマン時代からそのように考えて仕事をしてきたとのことです。

 

逆に、出し切っていない状態も誰かが見ているということだと思います。

 

営業・日々の勉強・お客様へのサービスなど全て手を抜けない場面ですので、今は大丈夫ですが、先々どうなるかわかりません。初心を忘れないようにしないようにと言い聞かせております。

 

 

コメントを残す

  • (will not be published)